Gift-a-Smileスマイルストーリー第七弾

Published
2024年01月18日

昨夏のタイ・ミャンマー国境付近のプロジェクト訪問で出会ったKSDCの学生、ク・シャ・レイさんは、カレン二軍で戦っていた元兵士です。力強い容姿とは裏腹に、やさしい表情と声の持ち主です。彼はKSDCに来て初めて人権について学んだと教えてく れました。インタビューでは何度も「They need to know」を繰り返し、村に住む家族や父、村人は誰も、自分の人権について知らない、と話しました。「みんなに伝えなくてはならない。みんなに知らせなくては。」 

自分の人権を知ることは迫害から身を守る最初のステップです。ク・シャ・レイさんの兵士から学生への転身は、REIが誇りに思うことのできるエンパワーメント支援の象徴です。