Gift-a-Smileスマイルストーリー第八弾

Published
2024年01月24日

ラニンさんはレバノン生まれのパレスチナ避難民です。ワディ・ザイン周辺の幼稚園で先生としてのキャリアを始め、9年の経験を積んだ後、REIが支援する幼稚園のKG2クラスのアシスタントとして働き始めました。 

現在はKG3クラスの児童にアラビア語を教えながら、精神的・社会的サポートも行っています。 

ラニンさんは、この仕事を通じて同僚と良い関係を構築し、そのおかげで自分の居場所を見つけることができたと話します。また、自分に自信を持ち、より積極的になることもできました。 

そして何よりも、幼稚園での仕事が経済的自立への道を開き、国の経済危機を生き抜く力を与えてくれたことを嬉しく思っています。 

ラニンさんは、自分と同じ境遇にいる避難民の子どもたちに明るい未来を与えるため、今後も幼稚園の先生の仕事を続けることを望んでいます。