fbpx

Education Tag

プロジェクト内容 レバノン南部ワディザインにある幼稚園では、100名の園児の受け入れが可能です。この幼稚園では、社会への適応学習も含む重要な幼児教育を子どもたちへ提供しています。 カリキュラムは、4歳から6歳の子どもたち向けの教育で、社会生活を学ぶためのアクテビティなどが含まれた内容です。子どもたちは数字を学んだり、チームを組んでのゲームや、美術工作などの活動に参加します。精神的にトラウマを抱えていたり、不安な生活環境で過ごしてきた子どもたちにとって、仲間とのゲームは特に重要です。この活動を通してチームワークや他者との信頼関係、自制や共有を学習します。加えてこのプロジェクトでは、幼稚園の先生もまた避難民であり、多くの教育従事者に生活の糧と、職務の技術を発揮する稀な機会を提供しています。 この幼稚園の先生たちは、少ない手持ちの資源のなかから子どもたちのためにさまざまな物を作りあげます。私たちが普段何気なく消費している紙コップや紙皿から子どもたちが喜ぶ動物、海の生き物、雪だるままで作り上げて、その創作の精神には驚くばかりです。 長期的な支援成果 この幼稚園は、いずれ避難民受け入れ社会であるレバノンの学校制度へ編入していく子どもたちにとっての教育準備施設となります。 教育制度の異なる故郷から、新しい社会に無理なくとけこめるよう、ここでその準備の学習ができるのです。 基金使途 基金は、教師、補助教員への報酬、教室の勉強用机などの備品類をまかなうために使われます。現在では、通園と自宅からのオンラインとに受講の方法を分けています。 支援成果事例 イスラーナウファルはシリアからやってきた女の子で絵を描くことが大好き。本やカバンなど自分の持ち物にはなんでも絵を描きます。入園当初5歳だったイスラーは、最初幼稚園に来ることが好きではなく、よく泣いて、友だちや先生とも話をしない子どもでした。学校の本や机に絵を描いてしまうイスラーに、先生は彼女の母親と協力して身の回りの整頓の大切さを教え、家でお絵描きの黒板を与えられて絵を描く楽しむことを学んだイスラーは、園内での落書きをしなくなりました。 やがてイスラーは文字や数字を習い、練習帳を使いこなし、整頓も上手になり、幼稚園へ通うことが好きになりました。 現地の状況 レバノンでは人口の4分の1を占める100万人がシリア避難民という状況下で、元来の不安定な国状に加え、避難民のうち40万人は子どもたちであり、レバノンの学校制度は大きな負担を背負っています。就学年齢の子どもたちのうち、およそ30%のみが教育を受ける機会を与えられていると推計されています。避難民の子どもたちにとって受け入れ先社会で生じるさまざまな困難に加え、大きな課題は使用言語の違いです。シリアの学校ではアラビア語が学校での使用言語なのに対し、レバノンでは英語とフランス語が公立学校の使用言語となっています。 幼稚園はNPO団体PARDから用地を提供され、運営管理は同団体のスタッフによって行われています。    ...

プロジェクト内容 避難民能力開発プログラム(REEP)は、ナイロビに住む若い避難民の、受け入れ地域社会への定住と経済的な自立を目的とした能力開発教育です。 REEPは英語、スワヒリ語の識字教育、基本的計算能力教育のほか、就業に必要な実践技術教育、社会教育などを提供するプログラムとなっています。 若い避難民の人たちに向けて、職業訓練や、職業斡旋、見習生制度、起業開発など、実践的な内容のトレーニングも含まれています。 それぞれの地域に配置された代表の若者がリーダーとなって、他の若い仲間たちへプログラムへの参加を促す役割を果たしています。 また、このプログラムは地域の諸管轄と連携して、避難民の法的な支援や知識の教育も提供しています。 避難民の受け入れ先地域社会から、英語、スワヒリ語などの語学、また治安、法律など各分野の専門家がプログラム内の講座に参加協力して、脆弱な立場から危険にさらされやすい避難民の若者たちを支援、保護しています。 長期的な支援成果 都市避難民と称される若者の地域への定着と融合を目指し、長期的な結果として、社会の治安と経済の安定をもたらすことも目標としています。 この目標はこれまでにこのプログラムを受講した人びとの成果でその実効性が証明されています。 これまでにふたつのプログラムが施行され、400人を超える履修生が就業または起業を成立させています。 このプログラムによって避難民の若者は、短期一時的な支援でなく、長期的な計画を目指せる支援を得て、自分の能力で自立した生活を送れるという、私たち誰もが望む目標を達成しています。  基金使途 提供された基金により、職業訓練、法的支援、語学習得のトレーニングクラスがまかなわれます。 支援成果事例 ビジマナフランソワ氏はルワンダ出身の避難民で、このプログラムを2017に卒業後起業し、地元で親しまれているマンダジというドーナツの販売を始めました。起業後2年のうちに、いとこと始めた小さな販売店舗から規模を4倍に拡張、8名を雇用して24時間操業するビジネスへと発展。業務用小麦粉3袋を消費する規模の販売から、一日に72袋を消費するまでの規模へ成長しました。 スマヤは夫を殺害され、ソマリアからケニアとへやってきました。当初スワヒリ語も英語も話せない彼女でしたが、語学のクラスを履修してからビジネストレーニングも履修。基本的な会計と法律を学んでからケータリング業務の職業訓練も受けました。今彼女は食材販売店を経営し、3人の子供たちとともに自分で賃貸した部屋に住み、もう友人を頼っての暮らしではなく、自立した生活を送っています。 現地の状況 ケニアはアフリカで、エチオピアに次いで避難民の受け入れ率の高い国です。 多くの避難民はカクマとダバーブの2大避難民キャンプに住み、食糧配給、医療支援などに頼って暮らしています。 その中で、経済的自立や、地域社会の一員としての暮らし、安全を求めて都市部へ流入する避難民の人びとも一定数います。 しかし都市部での現実は厳しく、多くのケースで孤立による孤独感や、貧困また虐待などの危険にさらされています。 その危険とは法的に脆弱な立場であるための不当な逮捕や拘留、また過酷で劣悪な条件下での労働を強いられるといった可能性で、ほかに犯罪組織の活動に利用されてしまうケースも多く見受けられます。...