KインターナショナルスクールのHEART クラブの生徒からのインスピレーション

Published
2021年12月20日

A picture containing logo

Description automatically generated

HEART(Help Empower and Assist Refugees Today)は、Kインターナショナルスクール(東京)の生徒たちが立ち上げたクラブです。 
HEARTクラブの生徒たちは避難民支援のために寄付活動を行い、仲間に情報を共有し、避難民のストーリーを描いたマンガを制作しています。HEARTクラブの生徒たちのインスピレーションとエネルギーは、シリアの避難民とその子どもたちの生活を変えた「アラブの春」革命について学び、理解することから得られます。シリアは2011年以降、内戦を経験し、多くの人々が避難所や食料を手に入れることができない状況に陥っています。その結果、500万人以上の避難民がシリアから脱出し、各国の難民キャンプで暮らしています。 
避難民支援のための資金を集めるために、HEARTクラブの生徒たちは初めてのチャリティーイベントを2022年11月23日に開催しました。ベイクセールでは、生徒たちが自ら準備した飲み物やお菓子袋を販売しました。彼らの素晴らしい努力の結果、合計188,375円が集まり、そのうち100,000円をREIに寄付しました。 
彼らの活動は、経済的な支援だけでなく、避難民の現状を彼らの周りのコミュニティに広めることにも繋がっています。避難民のエンパワーメントと未来のために、今後も活動を続けていこうという意気込みが伝わってきました。